この資料について

VMware vSphere®ベースのパブリッククラウドのニフクラなら、現在ご利用中のVMware製品により仮想化したサーバーをスムーズに移行し、さらに安心して今までと同じように利用し続けることが可能です。しかし、ニフクラにVMware製品により仮想化したサーバーの移行を成功させるためには、計画段階に考慮しておくべきポイントを押さえ、実際にインポート作業を行う前の適合作業が必要となります。

このeBookでは、これまでVMインポート機能を利用して VMware環境の移行を行った際に、相談会や相談窓口によせられたよくある質問や、注意すべきポイントをまとめました。

現在ご利用中のVMware製品により仮想化したサーバーのクラウド化をスムーズに行うため、ぜひ本書をお役立てください。

こんな方に最適です!

  • Windows Server 2003など、サポートが終了したOS をやむを得ずを利用し続けなくてはいけない
  • 担当者の退社や構築手順がわからないため、今の環境 を使い続けたい
  • クラウド化によって、その後のリプレイスや障害対応などハードウェアの保守運用作業から解放されたい

目次

  1. 3つのVMware移行パターン
  2. VMware移行の手順
  3. 移行作業の見積もり
  4. VMwareのエクスポート
  5. VMwareのインポート
  6. 移行計画策定時にチェックしておくべきこと

ダウンロード方法

フォームにご入力・送信いただきますと、ダウンロードページが表示されます。
※ご入力頂いたメールアドレス宛に、最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的についてをお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

お申し込みフォーム