近年、Webアプリケーションの脆弱性を悪用したサイバー攻撃が高度化、複雑化しており、被害事例も後を絶ちません。企業がサイバー攻撃を受けた場合、損害賠償や、顧客や取引先の信頼を失うなど、多くの不利益が生じます。このような攻撃からWebサイトを守るためのセキュリティ対策がWAF(Web Application Firewall)です。

また、突然の大量アクセスや高負荷によって、企業サイトやサービスの提供に不具合が生じるケースも増えています。このような負荷に強く、堅牢なサービス・アプリの提供に欠かせないのがロードバランサーです。L7ロードバランサーでは、通信パケットのレイヤ4情報だけでなく、レイヤ7情報(アプリ使用データ)を見ることができるため、そのデータを利用した高度なバランシングが行えます。
これらのサービスを組み合わせることで、高い可用性とセキュリティの実現が可能になります。

本ウェビナーでは、最新のサイバー攻撃状況をご紹介するほか、ニフクラでご利用いただけるWAF(Scutum)とL7ロードバランサー(Ivanti Virtual Traffic Manager)を組み合わせた場合の効果やメリット、各サービスの詳細についてご説明いたします。

※本セミナーはウェビナー形式となります。お申込後、閲覧方法を記載したメールをお送りいたしますので、ご確認ください

本ウェビナーはこのような方にお勧めです

  • 脆弱性対策にお困りのお客様
  • 大量アクセスを受けるサービス・アプリを構築予定のお客様
  • セキュア&高可用性が必要なお客様
  • ロードバランサー、WAFの導入をお考えのお客様

タイムスケジュール

16:00~16:05 はじめに
(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社)
16:05~16:30 Webサイトを取り巻く現状からみる、脆弱性対策の重要性
~ニフクラオプションのWAFで実現する具体案のご紹介~
(株式会社セキュアスカイ・テクノロジー)
16:30~16:55 高可用性と効率運用に必須、L7ロードバランサーで実現する高度なバランシングとは
(図研ネットウエイブ株式会社)
16:55~17:00 Q&Aセッション

開催概要

開催日時 2/17(木) 16:00~17:00
参加費 無料
開催形式 ウェビナー
主催 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
共催 図研ネットウエイブ株式会社
株式会社セキュアスカイ・テクノロジー

講師概要

220217_nohira.jpg

株式会社セキュアスカイ・テクノロジー
営業統括部 セールスマネージャー
野平 径太郎 氏

前職の企業で情報セキュリティインシデントの初動対応に従事。プライベートセミナーや顧客企業のセキュリティ教育などで講演を実施。現在は、営業統括部でSSTのサービス全体の営業活動、また、脆弱性診断に関わる顧客との調整業務に主に従事。

220217_uchizawa.jpg

図研ネットウエイブ株式会社
営業本部 第三営業部
内澤 駿 氏

仮想ロードバランサーやセキュリティアプライアンス、NASなどのネットワーク製品を中心に、営業として、製品を手掛けるメーカーとその製品を販売するパートナー企業との間に立って販売促進に力を注いでいます。体育会系出身の体力とやる気を活かし、ニフクラでのvTM拡販に向けて日々奮闘中です。

お申し込み方法

フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。その後、申込受付メールを記載いただいたメールアドレス宛に送信いたします。
※入力頂いたメールアドレス宛に最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的をお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。
※本ウェビナーで取得した個人情報については、富士通株式会社図研ネットウエイブ株式会社株式会社セキュアスカイ・テクノロジーへ提供させていただく予定です。

お申込みフォーム