(本動画は2021年10月21日に配信したウェビナーをオンデマンドにて配信しております。)

リモートワークの高まりやクラウドサービスの利用拡大などにより、ビジネスが活発化する中、企業の脆弱性を突いたサイバー攻撃は増え続け、激しさを増しています。脆弱性を利用した攻撃により、業務の停止や情報漏洩など、取り返しのつかない被害を受けてしまうケースも出ています。

攻撃者からみればサーバー上にあるデータは攻撃対象として優先度が高く、クラウド環境でも同様です。セキュリティ対策の重要度が高まる中、セキュリティ担当者が背負う責任も重くなるほか、メンテナンス作業の複雑さやそれに伴うコストの増大など、課題も多く見られます。

このような悩み・課題を解決するのが、サーバー向けクラウド型セキュリティ(Trend Micro Cloud One – Workload Security)です。管理サーバー構築の工数を削減し、迅速に安全性の高いシステムを構築・運用することが可能になります。

本ウェビナーでは、最新の脅威動向や、サーバーに迫る脅威についてご説明するほか、ニフクラでご利用いただけるサーバー向けクラウド型セキュリティ(Trend Micro Cloud One – Workload Security)による具体的なセキュリティ対策をご紹介いたします。

本ウェビナーはこのような方なにお勧めです

  • 最新のセキュリティ対策情報に興味をお持ちのお客様
  • セキュリティ対策の運用負荷にお困りのお客様
  • 自社サイトのセキュリティを強化したいお客様
  • サーバーセキュリティ対策の選定でお悩みのお客様

講師概要

211021_webinar.jpg

トレンドマイクロ株式会社
パートナー営業本部 第1パートナー営業部
筒井 智成 氏

2010年にトレンドマイクロ社にSEとして入社しプリセールス活動に従事。本セッションで紹介するCloud One Workload Securityの前身となるTrend Micro Deep Security as a Service リリース時に担当。より多くのお客様に安全・安心をお届けすべく2020年に営業職に転身し、現在 富士通クラウドテクノロジーズ様の担当となる。SE経験を活かした、お客様・パートナー様目線の最適なセキュリティ実現に向け尽力している。

 お申し込み方法

フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。その後、申込受付メールを記載いただいたメールアドレス宛に送信いたします。
※入力頂いたメールアドレス宛に最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的をお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

入力フォーム