高度なセキュリティ水準が要求される金融機関の情報システムにおいて、安全対策基準のガイドラインとして幅広く利用されているのが「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」(以後:FISC安全対策基準)です。

近年、金融機関においても、フィンテックやDXへの対応を迅速かつ低コストに行えるクラウドサービスの利用が拡大していますが、FISC安全対策基準も、クラウドサービスの利用や激化するサイバー攻撃に対応するために大規模なアップデートが幾度も行われています。

当社をはじめとするクラウド事業者でも、FISC安全対策基準への準拠状況をドキュメントとして公開する取組がなされ、金融機関がクラウドサービスを導入することの障壁がさらに低くなってきていると言えます。

金融機関や金融機関のシステム構築を行う企業が、クラウド事業者の公開するFISC安全対策基準をどのように活用すればいいか?
FISC安全対策基準の最新版(第9版令和2年3月)に対応した、ニフクラのチェックリスト「「ニフクラ」におけるFISC安全対策基準への対応状況について」を題材に、初心者にも分かりやすく解説します。

本ウェビナーが皆様のクラウド活用と企業の発展の一助となれば幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

※本セミナーはウェビナー形式となります。お申込後、閲覧方法を記載したメールをお送りいたしますので、ご確認ください。


 開催概要


開催日時 11月19日(木) 14:00 ~ 14:30
参加費 無料
開催形式 ウェビナー
主催 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

 タイムスケジュール

14:00~14:30
金融機関のクラウド活用に必須の「FISC安全対策基準」とは?
(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 鮫島)

講師概要

sameshima.jpg
富士通クラウドテクノロジーズ
ビジネスデザイン本部 サービスデザイン部
鮫島 宗隆
2011年からニフクラのマーケティングに従事。クラウドセキュリティ推進協議会(JASA)でセキュリティ監査人補の資格を持ち、ニフクラの情報セキュリティ監査や各種制度に関するコンテンツの監修を担当。ニフクラ公式Twitterの中の人でもある。

 お申し込み方法

フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。その後、申込受付メールを記載いただいたメールアドレス宛に送信いたします。
※入力頂いたメールアドレス宛に最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的をお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

入力フォーム