昨今の新型コロナウィルスに起因する社会情勢から、企業はテレワークの導入がすすんでいます。また、コロナ収束の暁にはオリンピックが開催されますが、それに伴いサイバー攻撃が増えるとも予測されています。今すぐに最低限のリスクを考慮したテレワーク環境を整備しつつも、さらなる先のリスクも見据えたセキュリティ対策や運用方法も検討していく必要があります。そして、その環境整備の選択肢として、クラウド活用が注目されています。

本ウェビナーでは、今できるテレワーク環境整備の対策から、将来を見据えたITインフラの構築について解説いたします。本ウェビナーが皆様のクラウド活用の一助となれば幸いです。

※本セミナーはウェビナー形式となります。お申込後、閲覧方法を記載したメールをお送りいたしますので、ご確認ください。

 こんな方に最適です!

  • テレワーク導入時に想定される問題点と解決方法を知りたい
  • テレワーク導入に関連するセキュリティ対策を知りたい
  • ニフクラを活用してテレワーク環境を素早く整えたい

 開催概要

開催日時 5/21(木) 14:00開催
参加費 無料
開催形式 ウェビナー
主催 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
共催 ピュア・ストレージ・ジャパン

 講演・講師紹介

◆テレワークから始めよう!
 ~ポスト2020のIT投資を再構築する3つのステップ~
緊急事態宣言が全国に拡大した今、最優先で求められるテレワーク
働き方改革が進む期待の陰で後回しになったセキュリティは?
この危機を乗り越えても迫る少子高齢化社会への必要なIT投資とは?

sameshima.jpg

鮫島 宗隆
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社


2011年からニフクラのマーケティングに従事。クラウドセキュリティ推進協議会(JASA)でセキュリティ監査人補の資格を持ち、ニフクラの情報セキュリティ監査や各種制度に関するコンテンツの監修を担当。ニフクラ公式Twitterの中の人でもある。



◆テレワークにも対応できるインフラへ!
 ~ITモダナイゼーションを意識したテレワークインフラへの変革のしかた~


ポスト緊急事態宣言シーズンにおける本格的な働き方改革実現のためのクラウドシフト、クラウドネイティブ、SaaS活用、そしてゼロトラストを志向したITインフラの最適化への真のステップとは?

imais.jpg

今井 悟志
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社


2012年からVMwareで中小・中堅企業担当のハイタッチ SE として、多くの中小・中堅企業のオンプレミス環境の改善支援や「vSphereのアップグレード」のテクニカルドキュメント作成などに従事。市場の流れがクラウドに向かいつつある中、2019年から「国産クラウド」であるニフクラを展開する富士通クラウドテクノロジーズに移り、前職時代の経験の強みを生かして日本の中小・中堅企業に寄り添ったクラウド提案支援、ニフクラの SE向け技術書作成、講演でのニフクラ啓蒙を行うなど幅広く活動中。



◆安定・安全・高速なテレワーク環境を提供
 ~DaaSサービスにPure Storageが選ばれる理由~

Pure_Tomohiro_Iwamoto.jpg

岩本 知博
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
SE本部 プリンシパル・システムズ・エンジニア

 タイムスケジュール

14:00~14:30
テレワークから始めよう!
ポスト2020のIT投資を再構築する3つのステップ
(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 鮫島宗隆)
14:30~15:00
テレワークにも対応できるインフラへ!
ITモダナイゼーションを意識したテレワークインフラへの変革のしかた
(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 今井悟志)
15:00~15:20
安定・安全・高速なテレワーク環境を提供
DaaSサービスにPure Storageが選ばれる理由
(ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 岩本知博 )
15:20~15:40
質疑応答

 お申し込み方法

フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。その後、申込受付メールを記載いただいたメールアドレス宛に送信いたします。
※入力頂いたメールアドレス宛に最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的をお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

入力フォーム