このウェビナーについて

Windows Server 2008/2008R2の延長サポート期限(2020年1月14日)が近づいています。このままの状態で使い続けると、将来的にWindowsアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃への対処ができなくなるほか、サーバー環境への不正侵入のリスクも増加することになるため、ニフクラでは早期に新OSへの移行を推奨しています。

また、ハードウェア老朽化リスクの回避すること、新サーバーへの移行でクラウドファーストやモバイルファーストにふさわしい機能が強化されビジネス成長を加速させること、においても、新OSへの移行を急ぐべき理由です。

本ウェビナーでは日々お客様の課題に接している弊社営業担当の堀田より「ニフクラではじめる Windows Server 2008 EOS対策」と題しまして、Windows Server 2008/2008R2から新OSへの移行について押さえておくべきポイントの解説と、移行を支援するためのキャンペーンについてご案内いたします。皆様の課題解決や、方針策定につながれば幸いです。

※本セミナーはウェビナー形式となります。お申込後、閲覧方法を記載したメールをお送りいたしますので、ご確認ください。

こんな方に最適です!

  • Windows Server 2008/2008R2の延長サポート終了に伴う対応について課題をお持ちの方
  • オンプレミスでWindows Server 2008/2008R2をご利用の方
  • クラウドでWindows Server 2008/2008R2をご利用の方
  • 顧客へのクラウド提案に関わる方

 開催概要

開催日時 2019年5月23日(木) 16:00~
参加費 無料
開催形式 ウェビナー
主催 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

 タイムスケジュール

16:00~16:20
ニフクラではじめる Windows Server 2008 EOS対策
(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 セールスアーキテクト本部 第二テクニカルセールス部 堀田憲二)
16:20~16:40
質疑応答

 お申し込み方法

フォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。その後、申込受付メールを記載いただいたメールアドレス宛に送信いたします。
※入力頂いたメールアドレス宛に最新情報やサービスに関するメールを送付させていただきます。
個人情報の利用目的をお読みいただき、ご同意いただいた上で送信をお願いいたします。

お申し込みフォーム